屋根工事と外壁塗装

屋根の工事以外にも、家のメンテナンスには色々なものがあります。一般的に、外壁の塗り替え時期として適しているのは、家を建ててから約10年目くらいの時期と言われています。

定期的に外壁を塗り替えることによって、家の美観を維持できます。塗り替えは住まいのイメージチェンジを手軽できるにリフォームです。屋根や外壁の色が変われば、気分も変わります。また、家の耐用年数が延びるため住宅の資産価値も高まります。

外壁は、常に負担がかかっていて思った以上に劣化しています。どうしようもない位な状況になってからでは遅いのです。少しでも早い劣化・痛みの発見が、塗装費用の節約に繋がります。その際の外壁のチェック項目をまとめてみました。ひび割れがある。塗装が剥がれている。外壁に汚れが付着している。外壁が色あせている。塗装がふくれている部分がある。カビが発生している。藻が発生している。サビがある。腐食しているところがある。なお、遮熱効果のある塗料は夏の暑さを低減してくれます。エアコンの使用を控えることができるので、電気代の節約に繋がります。地球環境にも優しく、財布にも優しいのが特長です。

また、防汚効果のある塗料は外壁の汚れが防げるので、毎日キレイで快適な気分で過ごせます。実は汚れも塗装の劣化の原因の一つです。汚れがつくとどうしても水捌けが悪くなるので、塗装が傷みやすくなります。また、水捌けが悪さから他の汚れを寄せ付けやすくなり、劣化のスピードを早めてしまうことになります。防汚効果のある塗料は汚れを寄せ付けにくく、汚れても雨水で洗い流されるので、長く美観を保つことができる上、塗装面も劣化しにくいのが特長です。

◎おすすめ屋根工事の業者を探すなら、クイック屋根工事.netで屋根工事の比較見積もりができます。