カバー工法

屋根工事は遅すぎると家が痛みすぎ、家の寿命を縮めることになりかねません。たとえば、築15年以上経っていて、その間にメンテナンスを何もしていない天井に雨染みができている。天井がカビっぽい、カビが広がってきた。風の強い日に屋根から変な音がするなど、様々な症状が起こって来ることでしょう。その場合、屋根の葺き替えの時期が迫っている可能性があります。

葺き替え工事にはさまざまな工法がありますが、現在の屋根を撤去せず、その上に新しい屋根材を被せ、覆うのが屋根カバー工法です。

カバー工法は葺き替えと比べ費用が安く済みますが、施工後に雨漏りが発生して下地を腐らせてしまうと再度屋根の張り替えるが必要です。その場合、二重になった屋根を撤去・廃棄する費用が加算されるため、通常の葺き替えと比べ費用が高くなります。下地が傷んでいてはカバー工法が出来ません。屋根点検時に下地の痛みを的確に判断できる業者は少ないので注意しましょう。

また、屋根は軽い方が耐震性に優れています。屋根が重いと住宅に負担がかかるからです。カバー工法では既存の屋根を撤去せず、その上に新しく屋根を被せるため、どうしても重量が増してしまいます。

葺き替えと比べ「工事費用が安く、受注し易い」という理由だけでカバー工法しか勧めない業者もいますが、実際には耐震性など、注意すべき点も多いので、カバー工法を希望する場合には複数の屋根工事の業者から話を聞くようにしましょう。