屋根の葺き替え

屋根工事をして修理する場合、補修工事などでは間に合わないほど下地が傷んでいたり、雨漏りしている場合は、「葺き替え」というリフォームをすることになります。

屋根の葺き替えとは単に屋根の表部分だけを補修する工事ではなく、全面的に屋根を一新するリフォームのことです。

その際、古い屋根材を取り外しますので、その下地や土台となっている野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。老朽化した屋根の葺き替えから、耐震対策としての屋根の葺き替えまで、お客様の事情や好みに応じて様々な葺き替え工事がされるのが一般的です。

屋根の表面を補修するだけでは心もとない場合、もともとある屋根の下地から表面までを丸ごと新品へと取り替える「葺き替え工事」を行います。

補修にかかる費用をできるだけ抑えたいという人は多いと思います。しかし、リフォームは一時的な出費は多少かかっても、長期的に考えると必要な費用となります。

たとえば、地震時の揺れは家屋の重心位置に大きく左右されます。屋根が重い場合、重心がどうしても高くなってしまうため、不安定さが増し、大きく揺れてしまうのです。屋根を一新する際に軽量な屋根材を選ぶことで耐震性を上げることができます。例えば、瓦屋根は丈夫でメンテナンスも比較的少なく済むという利点がある一方で、その重さが地震のときにマイナスに働く場合もあります。特に屋根が老朽化している場合は、重い屋根材から軽量かつ丈夫なものに替えると安心です。