雨漏りと工事

屋根、外壁、バルコニー・ベランダなどから水の浸入を防ぐことは、屋根からの雨漏りを避けることにつながります。どんな家でも年数が経つと水漏れが発生するおそれが出てきます。建物内への漏水を防ぐための工事です。水分は建物の大敵ですので、早急な対応が必要です。特に木造の場合、大事な柱や梁を腐食させてしまいます。鉄骨の場合も、大事な骨組みにサビを発生させ、強度をどんどん弱くしていきます。木造でも、鉄骨でも、石造りでも、建物内部に浸入した雨水は壁や天井を変色・劣化させるだけでなく、カビも発生させてしまうので、ぜんそくやアレルギーといった健康被害も引き起こします。

屋根工事を行うと言う業者の中には、きちんとした経験や技術を持たず見よう見まねで工事していたり、とにかく「雨が侵入しないようコーキング処理しておけば大丈夫」という業者もいます。

雨漏りを完全に止めるにはお住まいの総合的な診断が必要です。怪しい部分を見つけたからといって、無闇に補修しない方が無難です。水や水蒸気の通り道を塞いでしまい、余計に悪化させる場合があるからです。

屋根修理は、屋根構造や配管を熟知した職人でないと直せないのが実情です。降雨時の現象による影響だけでなく、風を伴った場合の風圧による影響で雨水がどこまで入り込むのかどの高さまで噴き上がる可能性があるのかまた屋根材裏面への漏水なども考えて修理する必要があります。雨水の侵入経路や水の流れを把握したうえで修理しなければ下地木材が腐るなど大きなトラブルにつながるため、施工レベルの高い業者に依頼しましょう。雨が流れ込みどう流れているのか。どう修理すれば雨漏りが確実に止まるのか。屋根材や部材を加工する技術を備えているかなど、適格に判断できる業者選びをしましょう。