瓦という味わいについて

昔から日本人に馴染みの深い瓦ですが、粘土から作られているものが代表的なものです。使い方や生成法、色や産地など細かく分類するとおよそ1000種類にもなります。さて、屋根で見られる瓦とは、一枚一枚の重なりから波打ったような作りをしてあって、それにより根元の部分には空気が自由に出入りできて、屋根裏に閉じ込められた熱気や湿気を追い出す効果をもたらします。つまり瓦とは、自然に換気する役目を果たしてくれ、家屋全体にこもる空気を循環させます。また、伝統的な日本家屋の瓦作りの屋根が持つ、重みある静けさと美しさは、日本人が古来から持つ情緒と深く結びつき、穏やかな気持ちにもさせてくれます。 波打つような特殊な形を持つ瓦ですが、空気を循環させる働きをする他に水はけを良くするといったメリットもあります。つまり水切りの良い瓦には音を吸収する作用もあるので、激しい雨音もしっかり防いでくれます。高温で焼き締められた瓦は丈夫で、断熱性にも優れているので、吸水率も他の屋根材に比べて低いのが特徴です。ただ素材自体に重さがあり、それなりに値段も高いというマイナス面も含まれます。加えて、現代においては洋風の住宅が増えてきたこともあって、それに違和感のない形として、陶器平板の瓦なども使われるようになっています。 瓦の屋根は、新しくしてから10年ほどで瓦を押さえる漆喰が劣化します。この時点で塗り直しておけば、その後も持つ期間が伸びます。また瓦によっては漆喰自体を使わないものもあるので、その場合はひび割れなどの損傷がなければ問題ありません。ですが、25~30年もすれば、約半分の瓦本体は経年劣化により割れていきます。屋根の下地まで腐らせることもあるの、屋根修理の専門家に点検をしてもらうのが無難です。

悪徳業者に引っかかるな

近頃ではインターネットによる悪徳業者のトラブルに遭われる方も多くなりました。 信じられないような安い値段で業務を請け負う事を売り文句にしている業者もいますが、実のところ使われている材料が粗悪品であったり、手抜き施工だったりするケースがあります。 屋根工事に限った事ではないのですが、きちんととした施工をしようと思ったら、そこそこの費用が必要になるのはもちろんです。 単に業務を受けたいために費用を下げて、その結果どこかに理不尽が生じるのは自然の事なのです。 良心的に業務をしてきた会社にとって、こういった一部の悪徳業者の影響は大変迷惑な話で、業務がやりづらくなっているといった状況も起きています。 消費者も悪徳業者に踊らされないようにするためには、前もって信用できる業者に診断をしてもらい、「自分の家は平気」と確信を持っておく事が大事です。 加えて消費者がそれを見分ける目を養う事は、こうしたトラブルに遭わないはじめの一歩です。 リフォームを決めたら、消費者も人任せにする事なく、自身の目で諸々の情報や知識を得る努力を欠かす事はできません。 。

器用さと想像力の間で

屋根工事・修理に関わることで何が一番必要かと聞かれれば「手先の器用さと、同じくらいの想像力」であるとBさんは答えます。例えば、金属の四角い板に丸い穴を開けるとすると、何をどうすれば必要な形をくり抜くことが出来るのか、そのイメージを持っていなければ、手を動かすことができない。逆にいえば、想像力があっても、その形を形成する技術がなければ何もできない。そのギャップが苦しいからこそ、屋根職人は常に勉強を続け、同じくらい手技の術も磨くのだとBさんは語ります。「そうして一歩一歩、少しずつでも確実に歩んでいけるのが、屋根職人という仕事の面白さですよね」 また、仕事のやり方は職人によっても様々な方法があり、百人の職人が集まれば百通りの方法で解決策を生み出すのだそうです。時代性も勿論あるでしょうけど、環境にも左右されます。Bさんの話によれば、例えば雪の多い地域とほとんど降らない地域では、屋根の修理方法も全く違い、使われる素材も変わってくるそうです。その地域の気候までも、きちんと頭に入れておくことが職人には必要であるといいます。その上でBさんは屋根職人としてやっていくために常に勉強を欠かしません。「どこへ行っても仕事ができる。どこでも通用するようになるためには、きちんとした基礎を持っておくこと。その上で話したような器用さと技術がついてくる。その積み重ねが確かな成果として実っていくのが屋根職人の世界なんじゃないでしょうか」 Bさんの語り口はとても几帳面で誠実です。そうした人格からも伺えるように、職人としての志も半端なものでは決してありません。どうしてそのようになれたのかと聞いてみれば「当たり前ですが、始めた頃は本当に何も出来なかった。それが悔しくて努力した。職人の世界というのは意地っ張りな人の集まりなのかもしれません」と答えてくれた。

『適正な価格をどう判断するか』

お家のリフォームに関わること全てにいえることですが、まずは、お見積もりを幾つかの業者にお願いして、価格や施工方法などを比較してみることをオススメします。何故かというと、そうすることによって屋根工事の費用の平均的な価格を知ることが可能ですし、加えて消費者自身もある程度の知識を得ることが出来るからです。今では、ほとんどの業者が無料で行ってくれますので、是非お試しください。「最終的な見積もり金額が適正なものか分からない」といった場合は、また別の業者に確認を取るという道もあります。

ですが、ここで一番に考えるべきことは価格ではありません。お客様ご自身がリフォーム後のお家にどれくらいの期間、最低でも何年間はこの家に暮らすというイメージを持つことが必要となります。大切な屋根の不具合の原因を診断するスタッフによって、屋根工事の方法やその価格も当然変わってきますし、いくら良いプランであったとしても、お客様の持つ暮らしのイメージに合わせて見つけていかねばならないからです。 もちろん、どんなリフォームにも値段の「高い」「安い」の振り幅は付きモノですが、業者から渡される金額だけを確認して判断するより、複数の業者との比較によって工事の内容についてある程度の知識があれば、それが適正なものであるかが判断できます。屋根工事だけに限らず建築工事というのは、大きな価格変動が起こることはあまり考えられません。「今なら半額」や「最高の材料で仕上げます」など、根拠の薄い言葉で業者を選ぶよりも、トラブルの際にすぐ駆けつけてくれるフットワークの軽さや、工事後の保証など、アフターケアが充実している責任感などを材料に、比較して考えられる適正な価格によって考えると最適かもしれません。

屋根に椅子を掛ける場合

屋根に椅子を掛ける場合には危険が伴うので,まずは丈夫な椅子であることを確認し,椅子を掛砂る角度と地盤の確認(軟弱地盤では椅子がめり込まない 対策を!)や椅子の横滑りなどに対する十分な対策と配慮が大切です。また, 屋根材の軒先には雨樋を壊したり,屋根の軒先を傷めないように養生をするこ とも大切なことです。

屋根工事の流れ

屋根工事を行うのに葺き替え前の瓦屋根はかなり色褪せてズレが見られたり、外からはわかりませんが瓦本体の中身がスカスカになっていたり、水を吸い込む状態になっていることがあります。瓦を一枚一枚めくり、その下にある土も取り去って下地をまずはむき出しにします。この作業は丁寧に、慎重に行います。 業者もみんな泥んこになってしまいます。下地板がむき出しになると腐っている場所がないか入念にチェックして後、葺き替え工事に入ります。まずは下地工事を行います。長い年月を経て、既存の下地は波打っていることが多いため木を使い、全体が平らになるように下地調整を行ないます。きれいになった下地に断熱材を入れます。断熱効果に加え、水や湿気を寄せつけず、スタイロフォームという断熱材を敷き詰めていきます。さらにその上からコンパネを張って、屋根を葺く準備を整えて屋根工事を進めていきます。